店舗開業で考えたい事とは|店舗のbgmにも費用が掛かる?!店舗開業のノウハウ

スムーズに店舗開業するための心得を知っておこう

店舗を開業するならこんなことを考えておこう

ゆくゆくは自分の店を持ちたい!そのためにも店舗開業にまつわる色々なことを知っておきたいけれど、どれから手を付けたらいいのか分からない・・・という方は多いのではないでしょうか。開業するにあたって考えたいことを整理してみましょう。

店舗開業のために手を付けておきたいことは?

開業したいけれど、何から考えればいいのか?

まずは自分の店舗に対するイメージや理想を明確化させましょう。「どんな雰囲気のお店にしたいのか」、「客層のターゲットはこれくらいが理想」など、理想の形を書き出していくとより具体的になります。

店舗開業まで大体どのくらいの時間が必要?

店舗のコンセプトを考えるところからスタートして、店舗となる建物の取得から開業準備に至るまでを考慮すると、6ヶ月ほどは最低限必要です。また、開業のための資金繰りもたいへん重要なので、コンセプトを考える段階でしっかりと熟考しましょう。

カフェを開きたい!どんなところに費用が掛かる?

例として、飲食店を開業する際に掛かる費用は主に下記の3点が中心となります。
・物件を確保する
・テーブルやイス、厨房設備などの造作物を設置する
・開業準備のための費用
なかでも物件は坪数、居抜きorスケルトン、設定した客単価によって掛かる費用が大幅に変わってきます。

個人経営にするべきか、フランチャイズにするべきか迷っている?

「事業主になる」という意識が強くなり、基本的に自分のペースで店舗を経営できるのが個人経営の魅力です。対するフランチャイズはノウハウや知識を提供してもらえるので、未経験者も参入しやすく、開業資金を抑えられるというメリットもあります。

売上目標はどうやって設定すればいいのか?

売上目標を決める際におさえておきたいのが、店舗となる物件の坪単価と家賃。この2つを基に月間売上目標を立てると、開業に掛かる費用を回収しやすくなります。薄利多売になって資金繰りが危うくなってしまわないように、しっかりと計算しましょう。

店舗開業で考えたい事とは

店内

コンセプトを決めることも重要!

店舗のコンセプトをしっかり決めておくことも、実はとても大切です。店舗内のbgmから外内装の装飾、経営方針に至るまで店舗の運営そのものに大きな影響力をもたらします。店舗のコンセプトがしっかりしていると、リピーターも獲得しやすく、話題性に富んだ店作りが出来るでしょう。

開業で困ったらプロの手も頼ろう

店舗開業にあたって全てを独学で理解するのは難しい・・・。そんな時は開業支援学校に通うというのもひとつの手段です。店舗の開業のための様々なメソッドを学べるので、経営術も身に付くでしょう。また、こういった支援学校ではなく、繁盛店や成功を収めている店舗を見学して経営のいろはを学ぶという方法もあります。店舗開業への一歩を踏み出すには、プロの手を借りることも大切です。

飲食店と物販、それぞれの経営のメリット

粗利益率が高いのは飲食店といえます。というのも、アパレルなどの物販店は仕入れと利益の比率がおおよそ8対2となっているためです。飲食店は商品が品薄になってもすぐに仕入れることが出来ますが、物販だと入荷まで時間がかかるという場合も。ですが、物販店の場合は飲食店に比べて店舗に掛かる初期費用を安く抑えられるというメリットもあります。

広告募集中